COCOMOCA

   | HOME | ABOUT & PROFILE | LINK | MAIL | ---- | archives(pastlog) | RSS

6月 » 2017 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

 

Monthly Archives: 2017年 8月

湖へGO!!

Date:: 2017.08.05 Sat  | Category:: いつものこと | Comments:: 2 

すいすい泳いでいるようで

結構必死

もうやだね〜帰りたいね〜

今年の本栖湖は

Date:: 2017.08.05 Sat  | Category:: いつものこと | Comments:: 2 

湖の水がめっちゃめちゃ少ない。

いつもの水面は左にちょっと見える岩の上

緑のところが水面なの。1m以上下がってるんじゃないかな。

こんなことは住んでる人も初めてだって。

水源で土地を買って、無尽蔵に水をボトルに詰めて売ってる会社がたくさんあって

地下水汲みすぎが原因じゃないかと。

このまま水が少ないままなのか

戻るのか。

どっちだろう。

おめでともっちん

Date:: 2017.08.06 Sun  | Category:: いつものこと | Comments:: 4 

この一年は、元気に健やかに。お願いします。

お誕生日おめでとう。

 

今日のご飯は鳥のミートローフ

もかの免疫介在性溶血性貧血 その一日前

Date:: 2017.08.18 Fri  | Category:: もかの免疫介在性溶血性貧血 | Comments:: 0 

そういえば、このところ、おやつの食べムラがあった。食べるものもあるのできらいなのかな、くらい。

18日本当にその日は突然に。

4時半位、前足に力が入らなくてズルズルと倒れ込む30秒くらいかな。

なんかおかしい。その後吐きそうだったのでトイレに連れて行くと、吐き戻しとうんち。

その後、もう一度5時に同じ症状が出たので、急いで病院に駆け込むと

何が原因かは詰めるのが難しいが、発作だろうと。

3つとりあえず今やれそうなのは、

座薬を持って帰ること

血液検査をしてみること

抗発作薬を飲んでみる

 

なので、座薬は持って帰ります、血液検査はしてみます。

発作の薬は、私の自己満足ですか?と聞くともっと大きな発作が出るかもしれなから、飲むことに意味はあるよとのことで、3つともやることに。

血液検査も問題なく

後はお薬をもらって帰りました。

その日の夕ご飯は、ちょっと食べる気ないわ−という感じでしたが完食

お腹いっぱいだし、ちょっとなでていいよ。

そんな感じだったので、あまり切羽詰った心配はなかった。

 

 

もかの免疫介在性溶血性貧血 一日目

Date:: 2017.08.19 Sat  | Category:: もかの免疫介在性溶血性貧血 | Comments:: 1 

翌日、と言うよりまだ夜中、3時半と8時に吐き戻し。消化されてるのかどうか、うんちのような塊を吐いた。

つかれちゃったのよ。って言うもかを抱えて病院へ

疲れてる。

一通り先生に見てもらった後、並木先生と話してずいぶん顔が白い件、耳の内側も真っ白なことを伝える

急いで血液検査をしたところ、Hctが12時間前の37%から20%に激減。このまま減ってしまえばまず助からない。免疫介在性溶血性貧血(IMHA)であろう、それも劇症(急性)だよ。という見立てでERへ予約を取ってくださった。

血をみると、赤くない。半分以上は黄色っぽい液体になってる。黄疸も出ている様子

予約が取れたのが2時最初は府中動物救急センターの予定が、輸血の手配ができないため練馬へ

まさか一年に二度も練馬動物救急センターにお世話になるとは。

かかりつけの先生には朝一番で行ってまだ時間がああるので、とりあえずステロイド、抗生剤、胃薬の入った注射を打ってもらう。そしてお腹の中で出血がないか超音波検査をすると、出血はなさそう。

というのもIMHAは、出血から播種性血管内凝固症候群(DIC)を併発する子がいるということで

DICといえば、2月にもかが発症しないように細心の注意を払った病名じゃないか!!

一旦うちに帰って待機中のもか

ER練馬についたら、はい、ICUへ直行

いろいろ検査をした結果、IMHAであろうという診察

出血性はなく、溶血が起きている。原因としてあげられるのが中毒、自己免疫、腫瘍とあるが、今回は自己免疫性であろうと、Hct落ちる子は10%以上落ちるので明日の朝までに落ちたら輸血か、全身の血の入れ替え(全身麻酔)をどちらか選択することに。

測り直してもらったHctは24%この数時間では落ちていなかった。イヌCRP(炎症)が12

ステロイドパルスの治療500mlとガンマガードそれに付随して、胃薬や血栓予防の薬をじゃんじゃん投与

炎症数値が下がることを祈る。

 

   | HOME | ABOUT & PROFILE | LINK | MAIL | ---- | archives(pastlog) | RSS


↑ PageTOP ↑