COCOMOCA

   | HOME | ABOUT & PROFILE | LINK | MAIL | ---- | archives(pastlog) | RSS

Category Archives: もかの免疫介在性溶血性貧血

もかの免疫介在性溶血性貧血 その一日前

Date:: 2017.08.18 Fri | Category:: もかの免疫介在性溶血性貧血 | Comments:: 0 

そういえば、このところ、おやつの食べムラがあった。食べるものもあるのできらいなのかな、くらい。

18日本当にその日は突然に。

4時半位、前足に力が入らなくてズルズルと倒れ込む30秒くらいかな。

なんかおかしい。その後吐きそうだったのでトイレに連れて行くと、吐き戻しとうんち。

その後、もう一度5時に同じ症状が出たので、急いで病院に駆け込むと

何が原因かは詰めるのが難しいが、発作だろうと。

3つとりあえず今やれそうなのは、

座薬を持って帰ること

血液検査をしてみること

抗発作薬を飲んでみる

 

なので、座薬は持って帰ります、血液検査はしてみます。

発作の薬は、私の自己満足ですか?と聞くともっと大きな発作が出るかもしれなから、飲むことに意味はあるよとのことで、3つともやることに。

血液検査も問題なく

後はお薬をもらって帰りました。

その日の夕ご飯は、ちょっと食べる気ないわ−という感じでしたが完食

お腹いっぱいだし、ちょっとなでていいよ。

そんな感じだったので、あまり切羽詰った心配はなかった。

 

 

もかの免疫介在性溶血性貧血 一日目

Date:: 2017.08.19 Sat | Category:: もかの免疫介在性溶血性貧血 | Comments:: 1 

翌日、と言うよりまだ夜中、3時半と8時に吐き戻し。消化されてるのかどうか、うんちのような塊を吐いた。

つかれちゃったのよ。って言うもかを抱えて病院へ

疲れてる。

一通り先生に見てもらった後、並木先生と話してずいぶん顔が白い件、耳の内側も真っ白なことを伝える

急いで血液検査をしたところ、Hctが12時間前の37%から20%に激減。このまま減ってしまえばまず助からない。免疫介在性溶血性貧血(IMHA)であろう、それも劇症(急性)だよ。という見立てでERへ予約を取ってくださった。

血をみると、赤くない。半分以上は黄色っぽい液体になってる。黄疸も出ている様子

予約が取れたのが2時最初は府中動物救急センターの予定が、輸血の手配ができないため練馬へ

まさか一年に二度も練馬動物救急センターにお世話になるとは。

かかりつけの先生には朝一番で行ってまだ時間がああるので、とりあえずステロイド、抗生剤、胃薬の入った注射を打ってもらう。そしてお腹の中で出血がないか超音波検査をすると、出血はなさそう。

というのもIMHAは、出血から播種性血管内凝固症候群(DIC)を併発する子がいるということで

DICといえば、2月にもかが発症しないように細心の注意を払った病名じゃないか!!

一旦うちに帰って待機中のもか

ER練馬についたら、はい、ICUへ直行

いろいろ検査をした結果、IMHAであろうという診察

出血性はなく、溶血が起きている。原因としてあげられるのが中毒、自己免疫、腫瘍とあるが、今回は自己免疫性であろうと、Hct落ちる子は10%以上落ちるので明日の朝までに落ちたら輸血か、全身の血の入れ替え(全身麻酔)をどちらか選択することに。

測り直してもらったHctは24%この数時間では落ちていなかった。イヌCRP(炎症)が12

ステロイドパルスの治療500mlとガンマガードそれに付随して、胃薬や血栓予防の薬をじゃんじゃん投与

炎症数値が下がることを祈る。

 

もかの免疫介在性溶血性貧血 二日目

Date:: 2017.08.20 Sun | Category:: もかの免疫介在性溶血性貧血 | Comments:: 0 

入院2日目

タイムラグが有りましてすみません。Facebookの方にはリアルタイムであげています。

Hct20.4

CRP4.6

CRPが下がったのと、Hctが大幅に減少しなかったので薬がしっかり効いている。

効かない子はどんどん落ちていきます。もかちゃんはよく効いている方です

白血球を作る力はあるので、要観察

と先生

もかの採血は毎日朝8時半位

これが、ガンマガード

こちらもか。まだご飯を食べていなかったので、鶏肉を茹でて細かくしたのを6かけ。

食欲のかたまりになるという、ステロイドがもう効いたのかな。

本ワン、ICUに入って酸素量40%のため、ずいぶんしっかりしている。

今日までは車を借りたので、毎日朝晩、もかの様子を見に来れています。

朝9時と、夜9時位に様子を見に来た。

その間に並木先生に報告、とりあえず下げ止まりですと伝える。

ガンマガードは一年しか持たないし、余り使う薬でなく高価なので、並木先生のところでは持っていない薬

人の蛋白といえば、前回低血糖低血小板+肺炎になった時に点滴した人アルブミンも同じ理由で持ってない。

とはいえ、すぐ他の病院を探してくれるので今回も大事には至ってない。東京って動物病院が本当に多い。

もかの免疫介在性溶血性貧血 三日目

Date:: 2017.08.21 Mon | Category:: もかの免疫介在性溶血性貧血 | Comments:: 0 

仕事のため、朝お友達におねがい。お肉をもっていってくれたのですが、ちょっとあげられたかな。

同じ表情の二人w

くすりは点滴で継続

夜は一緒に行くと、夕方吐いたので絶食中

ステロイドをつよく使うので、胃があれちゃうんだよね

まだ、ICUなので面会時間も短く。ちょっと疲れてるけど、眼力はあるし、ピョーって文句言ってた。

Hct20.1

CRP3.2

横ばい。よしよし。

もかの免疫介在性溶血性貧血 四日目

Date:: 2017.08.22 Tue | Category:: もかの免疫介在性溶血性貧血 | Comments:: 1 

ご近所さんのお友達のワンコも府中のERに昨日から入院しているので、レンタカーでツアーをすることになった。

運転してくれたお友達にもほんとうに感謝。

今日のもかICUに入って酸素40%

今朝まで数回吐いたのでまた絶食中

 

私が抱いたところでビクビクビクッと痙攣

チック症状がでていて、心臓がわるいのかとびびる。

ICUに戻すと、立ったまま絶えず結構な頻度でビクビクしてる。

体がガクンガクンと。

川崎先生に効くとチック症状は原因不明

ただ、声掛けに反応するので、脳神経系のではないのではないか。

こんなに薬に反応してくれているので、まずは今の症状を直す。

ご飯を上げてもいいか聞くとちょっとあげてみましょうとのことで鳥もも肉をパクパク

ここでもう一度抱っこして(理由を聞いて安心して)明日またねと、声をかけてきた。

 

 

Hct19.4

CRP1.9

 

もかの免疫介在性溶血性貧血 五日目

Date:: 2017.08.23 Wed | Category:: もかの免疫介在性溶血性貧血 | Comments:: 0 

またERツアーになった5日目

今日も運転してくれてとても助かった。ほんと、気持ちの良い運転でした。

ふたりともICUをでて、隣の一般病棟へw

置鍼してるけど、もう点滴は入れていません。

もかの炎症数値(CRP)は2.6とちょっと上がってしまいました。

点滴今日で終わり、炎症値少し上がるが点滴のせいかも。と明石先生

チック症状はひるまはずいぶん落ち着いてた

 

昼過ぎに伺ったところ朝ごはんは食べた。吐いてない。よく食べている

笑顔はICUを出たからちょっとしんどいのかも

今は赤血球が半分程度なので、酸素量が通常だと体は大変だよね。

元気なもかを見て、様子を見に行ってくれた夜の部。吐いていたらしくちょっとぐったりしてた。

だっこでぐっすり。

 

あした仕事の前にまた顔見に来よう。

Hct21.3(→)

CRP2.6(↑)

点滴終了

もかの免疫介在性溶血性貧血 六日目

Date:: 2017.08.24 Thu | Category:: もかの免疫介在性溶血性貧血 | Comments:: 0 

仕事の前にもかの顔を見に行きました。昨日は夜食欲がなくて、ご飯を食べなかった

今朝は少しご飯を食べました。

その後お腹を壊しています。一日寝ていますがおちついています

と、看護師さんから説明

 

明石先生がいらっしゃらなかったので、夕方先生に電話

CRP上昇がぶり返しなのか、おなかこわしたところからきたか

明日朝の血液検査でCRPが上がってなければ退院

赤血球は上がり待ち

やったね。明日退院だって。

Hct22.1(→)

CRP7.0(↑)

点滴の針も外す

明日、迎えに行くよ〜って言ってたら。なんと。

   | HOME | ABOUT & PROFILE | LINK | MAIL | ---- | archives(pastlog) | RSS


↑ PageTOP ↑